熊田曜子の児童館の入館拒否騒動「自己中心的だ」など賛否両論 – 芸能ニュース掲示板|爆サイ.com関東版

NO.7050326 2018/11/06 17:51

熊田曜子の児童館の入館拒否騒動「自己中心的だ」など賛否両論
熊田曜子の児童館の入館拒否騒動「自己中心的だ」など賛否両論
タレントの熊田曜子(36)が4日に自身のブログを更新。

「3人育児」のタイトルで、5歳、3歳、4カ月の娘3人と東京都墨田区の児童館に行き、未就園児が遊べる部屋への入場を断られたことを明かした。

雨が降っていたため、公園遊びをあきらめて児童館に行き、未就園児が遊べる「すくすくルーム」の事前チケットを取得したという熊田。

時間になって、同ルームに入ろうとしたところ、入り口にいるスタッフに「お子さんは3人ですか?大人1名につき、子供2名までなのでは入れません」と、言われてしまったという。

予想外の出来事に キョトンとし「5歳、3歳、4カ月の子どもがいて、今日は私1人なのですが…」と伝えたところ、「大人1人につき子供2人なので、申し訳ありません」の返答。

「私が4カ月の赤ちゃんをずっと抱っこ紐で抱っこをしていているので、抱っこしながら上の子達をみるのはどうですか?」と粘ってみたが、入室許可は下りず。

「まさか、そんな決まりがあったなんて。完全に私のミスです。やってしまった。娘達よ ごめんなさい」と子どもたちに“謝罪”した。

子ども3人だと、小さなうちは大人1人の付き添いでは飛行機に乗れなかったり、5人家族だと宿泊できるホテルの部屋が少なくなるなど、子ども3人の先輩ママに聞いたことがあったとしつつも「まさか児童館に入れなくなるとは思ってもみませんでした」と心境を吐露。

「これからは初めての児童館に行く時も事前に大人1人で子供3人連れでもOKかどうか確認するべきですね」とつづった。

■「自己中心的だ」などの声も
熊田はブログのコメント欄を開放していないため、Instagramにコメントが多数届いている。

「私も6歳3歳0歳の3人子持ちで、熊田さんの言いたいことすーーっごく共感しました!」
「こんなルールの積み重ねで少子化がすすむんだろうな」
「ワンオペで子ども3人いたら児童館も使わせてもらえないということか。日本の子育て環境、最悪ですね」
「児童館の件、賛否両論ありますが一石を投じましたネ。何の為の誰のための児童館なんでしょうネ」
「なかなか3人育てるのは大変な世の中ですが、明るいママで頑張ってください」

と行った応援のコメントが寄せられている。ただ、一方でその反響の大きさからか

「ルールはルール」
「児童館の方があまりにも可哀想です。ただ働いて規則を守ってるだけなのに叩かれて」
「影響力のある芸能人という立場で、児童館の名前まで出すなんて、そこで働く人の気持ちを考えずに自分自分、な自己中心的だと思いました」

と批判のコメントも届いた。

■児童館側の言い分
墨田区の東向島児童館分館は、「すくすくルーム」と「わくわくルーム」があり、熊田さんが入場しようとした「すくすくルーム」は0歳〜就学前の子どもを対象としている。

1時間ごとの入れ替え制で、1時間当たりの定員は13組。

利用料は無料で、整理券1枚につき、保護者1人・乳幼児2人が入室でき、ジャングルジムやボールプールで遊ぶことができる。 《中略》

区の担当者は、「東向島児童館分館の『すくすくルーム』は、ボールプールやアスレチックがあり、区の施設としてはやや特殊です。0〜5歳児までと歩けない新生児から、走り回れる子どもまでを対象にしているため、安全管理上、お子さんは2人までという制限を設けています」

そもそも施設自体が大きくないため、1組当たりの人数を絞っているという側面もあるという。

東向島児童館の本館や墨田区の他の児童館にはこうした制限はない。

現状では、子どもが2人以上の場合は、保護者2人で来て2組分の整理券を取る必要がある。

しかし担当者は「同館は10月8日に開館したばかり。運用の仕方については、今後改善していく余地がある」と話している。

■熊田「安全第一」理解示す
熊田はフジテレビ系「とくダネ!」のインタビューに応じた。

これまでも数多くの児童館に行った熊田は「10カ所ぐらい行ったことがあるけど、1人で3人連れて行ってもそのまま入れるところが全部そうだった」と、過去、断られたことはなかったことから今回も入れると思い込んでいたという。

三女を抱っこしているからとかけあったものの「やっぱりルールなのですみません」と断られたが「新しいシステムも全然知らなくて。

3人子供がいる母なので、そこは事前に調べておくべきだった」と反省の言葉も述べた。

番組は、児童館側にも取材。

「建物の構造や遊具を管理していく上で、安全面は外せない部分だと思ってますので」と保護者1人に子供2人までのルールを決めた理由を説明している。

熊田は「きっと、(3人目を)私だけ入れたら、なんで?という風にもなりますし、そこの施設を使うなら、そこの施設のルールに従うのが仕方がないことだなっていうのは分かったので。安全第一を言われると、そこは母として一番大事なところなので、仕方がないと思う」と、児童館のルールに理解を見せていた。

■ネットの反応
・政府は少子化少子化と叫ぶくせに、3人産んだ人が児童館使おうとするとこんな事になるわけ?
 >何かと施設のせいにして、訴えてやる!とか言うバカが増えたからだろ
 >少子化関係ない 迷惑な親子が増えただけ
・両親揃ってたら児童館なんて行かない
・この件でこれだから少子化がああって批判は間違いw 論点すり替えてる
・芸能人でもルールは守りましょう。
・芸能人が我を通そうとネットで煽るのってちょっと怖い
・小狡いよなあ。さすがペニオク逃げ切り女
・穏やかに書いてるけどキレてるんやろや
・熊田側もこれ書くことで児童館使いにくくなるリスクも負ってるだろw
・熊野さんは文句言ってないだろ。
・ブログでは自分が反省してる風にしておいて、他の人に攻撃させるように仕向けてるよね
・都合が悪いからブログに書かれていない部分
 児童館本館には何人連れてでも入れる
 アスレチック施設があるから予約や保護者が必要
・こういう非常識な女がいるからベビーカーや児童相談所が否定される。女の敵はまさにこういう身勝手な女のせい
・向島近辺に住んでるのか 逆に話題になって迷惑じゃねえかこれ
・一人許可したら次から次へとあさましいのがくるからな
・冷たい、融通がきかないと思えるけどそれと引き換えに全ての人に平等に接しているんだよ それをわかってあげないといけない
・ルールに従っただけ その後ルールを変えて行けばイイ
・ヤフコメが熊田擁護だらけできもかったw
・安全対策をしてる施設が叩かれるとか嫌な世の中だ
・ルールを破ることは非難されても良いけどルール自体を議論することすら否定されるのはどうかと思うけどね
・整理券に書いてるけどな

【日時】2018年11月06日
【提供】gossip!


熊田 曜子(くまだ ようこ、1982年5月13日 – )は、日本のタレント、グラビアアイドル。 関市立関商工高等学校商業科に在学中の高校3年生当時、週刊少年マガジンの水着コンテスト、ミスマガジンに応募。最終選考まで残ったものの、母親の猛烈な反対により辞退させられた。その後看護学校へ進学するが、芸能
25キロバイト (3,463 語) – 2018年9月20日 (木) 03:50

(出典 news.nifty.com)

#2 [匿名さん] :2018/11/06 17:54

抱っこしている子供はノーカウントで良いと思うだけど
皆はどう思う「?

#7 [匿名さん] :2018/11/06 17:56

  • #22018/11/06 17:54
    抱っこしている子供はノーカウントで良いと思うだけど
    皆はどう思う「?
    [匿名さん]

‘>>>2
たしか電車やバスはノーカウントだよね

#20 [匿名さん] :2018/11/06 18:00

  • #342018/11/06 18:04
    児童館は問題視され、自分は理解を
    表し好感度を上げる。

    まんまと熊田の狙い通りだな。

    [匿名さん]

‘>>>34
好感度下がったんじゃね?
少なくとも俺はガッカリに輪が掛かった

#35 [匿名さん] :2018/11/06 18:04

熊田曜子は反省したふりで施設をブログで
晒してドヤっているだけでしょ?

#40 [匿名さん] :2018/11/06 18:05

  • #432018/11/06 18:07
    だから安田はヒーローじゃねえよ
    [匿名さん]

‘>>>43
お、おう。

#47 [匿名さん] :2018/11/06 18:08

安全とか、アホですかね、子供はケガをするから危険をおぼえるんですよ、それを習得できなかったのは将来バイクとかで死ぬ

#48 [匿名さん] :2018/11/06 18:08

ただの整形モンスターかと思ったらクレーマーまでするとは、死ねばいいのに